ヤッター!ガッタガタ

大阪勤務 OLが一日をまとめます

今日のまとめ

はい、続きです。
思ったより長くなりそうだ。
打ってたら、打ちたいことがどんどん出てきます。
腹が立っているな!

KさんのKは「クソ」のKです。あは。


働き出して半年程経ったある日、
この部署に新規の仕事が回ってきました。
今までは既存の仕事で、やっと慣れてきた感じがして、
仕事に自信を持ち始め、やりがいを感じていたところでした。

新規の仕事をするのは初めてでしたが、
別部署の事務員さんが詳しいので、その方々に聞きながら進めていこう。
とわたしは意気込んでいました。

しかし、始まるタイミングでKさんが、
「別部署の事務員のやり方が気にいらない」、
「まきじたさんは見下されているから、向こうの都合のいいように丸めこまれる」、
とのこと。
なので「あの事務員たちに聞かず、こちらでやり方を考えよう」と。

別部署の事務員さんは本当に優しい方々で、
「間違えるのは仕方ない」、
「日が浅いから間違えるのは当たり前」、
と、だいぶよくしてもらいました。
見下されてるなんて微塵も感じたことはありませんでした。
事務員歴も長く、なんでも知ってる頼れるお姉様方と言った感じです。

逆に、歴が長ければ、何かしらあるのも事実。
過去の失敗や、ちょっとしたやらかしや。
プライベートな噂話などもあるようでした。

恐らくKさんは事務員さんに、
過去になんか気に入らないことを、されたのか言われたらしく、
いい印象を持っていなかったようです。
それで疑ってかかっていて、わたしもそうならないように、
事務員たちと関わるな、と言ってきたのです。

わたしは、
過去になにかあったとしても、どうでもいいと言いますか。
(どうせKさんのことなので、
ルールを無視して自分の考えを押し通そうとして、
事務員さんがそれを指摘をして、なんなんだ!と思ったのでしょう)
噂話の一つや二つもあるがな~って感じです。

そんなことよりなにより、
新規の仕事は、基礎もルールも手順もなにもかもわからないので、
(既存の仕事の延長線上にあるわけでもなく)
別部署の事務員さんに聞かないと、
わたし仕事できない、進まない。

困ったらいつでも相談してね!と事務員さん。
聞かずに自分でやり方を考えろ、とKさん。

まじで、なにこれ?状態でした。

とりあえずKさんの言う通りにしようと、
既存の仕事のやり方を元に、
わたしなりに考えてやってみましたが、事務員さんの指摘が。
(と言っても優しい方々なので、
ここはこうだよ~みたいなニュアンス)
事務員さんの言う通りに直し、それをKさんに伝えると、
「また見下して」だの、「事務員のくせに偉そう」だの。

私情じゃねえか。子どもか。

Kさんは、自分の気に入らないものは目の敵にして排除して、
自分のやりたいようにやる、人に迷惑をかけてでも。

でも新規の仕事を成功させたいなら、
プロである、別部署の事務員さんに聞くべきで。
一番いいやり方を知っているし、連携が取れる。
先日の日記の通り、Kさんは事務処理がよくわかっていません。
そのよくわからないKさんに、事務処理のこと口出しされても。

一番嫌だったのは、
「“自分が指示した”と言っていいよ」
とKさんは笑っていましたが、
初めに責められるのって誰だとお思いですか?
わたしじゃん。
わたしの評価も下がってね?
(笑いごとじゃねえ)

「まきじたさんによくしてあげたのに、
Kさんの指示ばかり受けて、わたしたちのやり方は無視?」
と事務員さんも疑問に思っていたことでしょう。
せっかくよくしてくれていたのに、事務員さんを裏切るような行為をしているような気がして、
でもKさんの指示だし、と板挟み状態でした。

わたしが、
Kさんも事務員さんも納得させる、
いい方法を思いついたらよかったんですけどね。
考える能力がありませんでした。
経験も足らず、いい方法がありませんでした。

一度、Kさんにバレないよう、こっそり事務員さんを頼り、
さもわたしが考えました、的な工作もしてみたのですが、
Kさんはそういうのを察知する能力が高く、
(わたしが隠すのが下手だったのだろうか)
「どうせ事務員に聞いたんやろ~」
と笑われたときは、背筋が凍りました。
この察知する能力、他に役立ててほしかったです。

まだ続きます。