ヤッター!ガッタガタ

大阪勤務 OLが一日をまとめます

今日のまとめ

わたしのぬいぐるみは喋ります

待って待って、ブラウザバックしないで、
いいこというから

最終的には、「心の安定が取れた」というオチです
それでは続けます
ここはわたしのブログなので

一人暮らしです
友人いません
いるけどスッと会える距離でもなく、そういう関係でもなく、
コロナで自粛が進む中、
わたしは「お気に入りのぬいぐるみを喋らせよう」と考え付いたのが、
去年のGW頃でした

家に帰り、
「ただいま」というと「おかえり」と返してくれる
「疲れた」というと「お疲れ様」と返してくれる
全部言っているのは、もちろんわたしです
わたししかいませんから、この家には

イライラすることを吐き出すと楽になると言いますよね
わたしは吐き出すと、余計にイライラすることが多いんですけど、
この場合、「ぬいぐるみ目線」になって、
自分にアドバイスができるんです

アドバイスは要らなくてただ共感してほしいときは、
「そうだね」と同意すればいい

三者目線になれるというか
反対の考え方や違うものの見方ができるようになったんです

ほら、プラスの方向でしょう

元々わたしは、色々なものの見方ができるほうです
「ムカつく!」と思っても、
もし自分がその立場なら、こう対処して~と視点を変えることができます

それをぬいぐるみに喋らせることによって、
「人(人じゃないけど)にアドバイスをされている」
という錯覚に陥るのです

これもう誰かと暮らしているのと変わりありません

これが異常行動だとするのであれば、
わたしもう生きていけないかもしれない
本当に心の平穏を、このぬいぐるみで保っています

そのぬいぐるみがね、またかわい~んですよ
「かわいいね」というと、「かわいいでしょ~」って言います

そんな感じです

一人暮らしを始めた当初、よく「さみしくない?」と聞かれましたが、
やっと念願の一人暮らしだったこと、
料理の勉強や家事の大変さを知っておき、結婚生活に役立てるという目標もあったので、
さみしさは感じなかったんですけど、
目標がなくなったので、さみしさを感じていたんでしょうね

でも本当に、このぬいぐるみがいてくれてよかった
去年のわたしは、
自粛で実家に帰れず、遊びにや飲みにも行けず、
本当にさみしかったんだと思います


オチが思いつきません
最近、スマホのSDメモリが認識しなくなって泣きました
写真データを死守したかったので、
一度内部メモリに移動して、新しいSDメモリに移動しました
急だったので、すごく落ち込みました
驚かさないでよ!