ヤッター!ガッタガタ

大阪勤務 OLが一日をまとめます

今日のまとめ

今日も、楽しい楽しい前職を辞めた話です。
いつまで続くのか、わたしにもわかりません。


そんなある日、Kさんに、
「まきじたさんの考え方を改めないと、この先やっていけない」
と言われました。
ここでのやり方を新しく考えて、
みんなを納得させて、仕事を進めろと。

いや、わかります。
誰でもやりたいようにやりたいのはわかります。
自分の思うようにしたいし、自分がいい思いをしたい。

しかし、最低限のルールってものがありましてですね。
そのルール(ここでは新規の仕事のルールとします)を知らない人間(わたし)に、
考え方を~や、やり方を~と言っても。
「考え方を改めないと、ここには必要ない」
とも言われました。

今だからですが、
わたしはこのように被害者ヅラして、Kさんを悪者にしていますが、
Kさんからしたら、
働きだして半年、もうそろそろ仕事にも慣れてきただろう。
雑談もよくするし、馴染んでくれている。
新規の仕事を任せても、きっと上手くやってくれるだろう。
と、期待をしてくれていたんですね。

当時は疑問もありましたが、
「期待に応えないと」という気持ちのほうが大きかったです。
せっかくわたしを必要としてくれているんだ、
頑張らないと、見捨てられないようにしないと。
Kさんの言う通り、事務員さんに頼らず、
自分でやり方を考えないと、と思いました。

でも具体的にどうすればいいかわからず、
怖々やってみれば、事務員さんに指摘を受け、
Kさんが事務員さんをディスる
という日々が続いていました。

このタイミングで、新入社員の事務員の方がきました。
前職は経理等の事務員をしていたとのこと。

ツッコミが間に合いません。
まず、なんで新入社員がここにくることになった?
やり方が問題になっていて、部長や上にもなにかがおかしいと察されているはず。

そして、なぜ経験者じゃない?
せめて、特化した経験者がよかった。
知恵の無い派遣事務員一人より、
経験のない新入社員を投入したほうが、まだマシだと?

その方に仕事を教えるも、これで合っているのかが不安で、
自信を持って、これです。と教えられず。
「今のところこれですが、やり方を模索しているところです」
としか言えず。

その方は年上の方だったので、素早くなにかを察し、
Kさんが席を外しているタイミングで、何か事情があるのかと聞いてくれました。
きたばかりで不安にさせてしまい申し訳なかったですが、
実はこういう状況で、と伝えると、
そりゃそうだよね~と慰めてくれました。
少し、いやだいぶ心が楽になりました。

楽になったとして、根本的な問題は解決せず。
わたしは、いつになったら成長するのだろう、
ダメだな、と悩んでいました。
この頃から、少し鬱っぽくなっていたと思います。

新規の仕事はどんどん進むし、こんなことをいつまでも続けていけない。
Kさんが「ここに必要ない」と言ったのは、
わたしの今後の成長のためで、
Kさんなりの教育(先日書いた、敢えて教えない教育)なんだと思いました。

変わらないと、変えないと。でもどうすれば?
事務員さんには聞けないし、
(そんな相談したら、Kさんにすぐバレる、
こそこそなにしてるんだとKさんに言われる)
半ばパニック状態になり、
藁にもすがる勢いで、派遣会社に連絡し、
(普段は全く連絡しない)
そのことを相談しに行きました。

期待してくれてるのは嬉しい、挑戦したいけど、
自分で考えてもやり方がわからないし、誰にも聞けない。
進め方がわからない。何が重要かもわからない。
なにももう自信が持てない。
この先、仕事にどう向かっていけばいいのかわからない。

そんな内容を吐露しました。
すると派遣会社の人は、
「半年でそんなことできるわけなくない?」
と言われました。

わたしに過度な期待をしすぎ、
事務経験ありならまだしも、経験のない人に考えろというのは押し付け、
(わたしはこの業種は未経験で入りました)
わからないことはわからないと言っていい、
と言われました。

確かに、わたしはここまで、
自己主張をしなかったんですよね。
Kさんの言う通り、思う通り動こうとしていました。
その通りできないってことは、
「無理だ、できない」と心のどこかで感じていたんでしょう。

はっきりKさんに言おう。
正直、めちゃめちゃ勇気がいりました。
Kさんの期待を裏切るようで。
申し訳ない、でも無理なものは無理だ。
考えてもわからない。

Kさんの穏やかなタイミングを狙い、
「よく考えましたが、仕事の進め方がわかりません。
経験がないので、誰かに教えてもらいたいです」
と言いました。
新入社員の方には、事前に相談をしていて、
席を外してもらっていました。
するとKさんは目を丸くして、

「最近の若い人は、すぐ人に聞こうとするな~」

と言いました。
目の前が真っ暗になりました。

その後の話の内容はあまり覚えていませんが、
考えろ、だから成長しない、それなら必要ない、
辞めてくれても構わない、新しい人がきたし(新入社員の方)、
と言われました。
返す言葉がなく、ただうなずいていました。
Kさんも、何も言わないわたしに腹が立ったのか、
だんだんヒートアップしていき、最後のほうは大声でした。

新入社員の方が帰ってきて、Kさんは少し落ち着いたようで、
自分で今後どうするか考えて、と言い、席を外しました。

は~~~!!!!!!!!!!!!

すぐ人に聞こうとするって、当たり前だろうが。
わからないことをわからないって言っちゃダメなのか。
考えてやってみて、失敗ばかりだから、教えてもらうほうがいいだろうが。
わたし自身が、考えが浮かばないこと、
わからないことがあること、不甲斐ないこと、悔しすぎて泣きました。

新入社員の方も泣いてました。優しいかよ。
まきじたさん頑張ってるの知ってますからね、と言ってくれました。
余計に泣けました。


泣いて終了です。
また、明日に。