ヤッター!ガッタガタ

大阪勤務 OLが一日をまとめます

今日のまとめ

涼しくなってきましたね。
ああでもビアガーデンもう一度行きたかった。
秋までやってるところないかしら。ありそう。

仕事で指サックをよくするのですが、
外すときに、テキトーに置いてしまって、
使う時にない、と絶望することが多いです。
置き場所に戻したらいいだけの話なのですが、
急いで席を立つ際(例:トイレにいかないとやばい)に、
テキトーに置いてったり。
ほっとしてトイレから帰ってきたとき、
ないじゃんどこアーーーーーーーーってなります。
それの繰り返しです、ほぼ毎日です。
大抵キーボードの下や、書類やノートに挟まってたりします。
なんで?!ってところにあったりもします。

そこでわたしは考えました。
①置き場所に戻す
先述の通りです。
これが一番イージーですよね。
言い訳をすると、これを遂行しようとすると、
引出しを開けなければいけません。
それが面倒。
一瞬だけっちゃそうなんですけどね。
(開き直ってます)

②別に置き場所を作る
一時期そうしていました。
ペン立ての下にお菓子の缶のフタを置いていて、
そのスペースがちょっと空いていたので、置いていたこともあります。
しかし、机上なので変に埃が被ったり、
ペン立てがズレると、指サックがペン立ての下で潰れて、
なくなった!探してもない!となり、
仕方なしに新しい指サックをポチりました。
直後見つけました。泣いた

③変なところに置く
これは癖なのですが、
「ここは変なところで普段なにも置かない、
どこに置いたか忘れたとき、あー変なところに置いたなとすぐに気づくだろう」
という考えです。
よく家でやりますが、さすがわたしと言いましょうか。
トイレに行くときに、炊飯器の上にスマホを置いていき、
トイレから帰ってきたら、見事に忘れて、探しまくる。
そしてやっと見つけて、「そういえば忘れないように変なところに置こうと決めたな」
と悲しくなるのです。自分の阿呆さに。

④特別に置き場所を作る
②、③を踏まえて、指サックを置いておくための場所を作る。
今ぱっと思い浮かんだのが、
指輪を飾る三角形のオブジェ。
見た目もオシャレになれますね。
しかし、指サックごときにそこまでする?と疑問になっています。

待って、書いてて情けなくて仕方ないのですが、
わたし、馬鹿すぎやしませんか。
めんどくさがりすぎだろうと。もうちょっと頑張れと。

なので、特例の⑤頑張るに決まりました。
ケースバイケースで使い分けます。
それがデキる社会人。。。
また明日からも、指サック探しに時間を割くのでしょう。
おしまい。